姓名判断による名づけに必要な3つの要素

姓名判断により赤ちゃん名づけをする時、重要で注意することは、


「格運、配置、音」の3つの要素です。


「格運」というのは、天格運・人格運・地格運・外格運・総格運、からなる”五格運”からなり、後天的な運勢の吉凶を決定付けています。

「配置」は、天格運・人格運・地格運の三格を中心に、”陰陽五行 ”を使い、周囲からの助力や運勢の強弱を見るものです。


名前の画数が良くても、三格のバランスが悪いと吉運を邪魔してしまいます。


「音」というのも、決して見逃してはなりません。

あなたも「音霊(ことだま)」と言う言葉を聞いたことがあるでしょう。

言葉には、霊力が存在しており、人が言葉を発することによりその霊力が「音霊」となって人にも影響を及ぼすのです。

音霊というのは、姓 名」 のそれぞれの頭文字に存在しており、苗字やあだ名などで数多く人に呼ばれるうちに、いつのまにかその人自体にも影響を及ぼしてしまうというものです。

吉運に恵まれた名前を姓名判断で名づけてあげましょう(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断による赤ちゃんの名づけのポイントは?(次の記事)
カテゴリ:姓名判断による赤ちゃんの名づけでどうやって名づけるか?

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/4

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)