姓名判断の赤ちゃんの名づけに重要な陰陽五行(いんよう・ごぎょう)って何?

姓名判断赤ちゃん名づけに重要とされる
陰陽五行 ”(いんようごぎょう)とは一体なんでしょうか?

陰陽五行 ”(いんようごぎょう)とは、古代中国で生まれた思想で、
自然の理(ことわり)を解き明かす中国の古代哲学です。

この思想は、存在するものは全て「陰」と「陽」のもとに成り立っていて、
さらに「五行」と言われる木・火・土・金・水のいずれかに属しているというものです。

「陰」と「陽」というのは、例えると「天」と「地」のようなもので、
「天」と「地」は相反しながらも、必ずお互いを必要として引き合っているということなのです。

これが「陰陽」です。


そして、この世の森羅万象が木火土金水の「五行に分類」できるというのが「五行」です。

この2つを組み合わせた考え方が、陰陽五行(いんようごぎょう)なのです。


この"陰陽五行"というのは、私たち日本人の生活とも決して無縁ではありません。
今なお生き続ける干支(えと)や暦(こよみ)も、
その発展には”陰陽五行 ”(いんようごぎょう)が大きく影響しているんですよ。


陰陽五行 ”(いんようごぎょう)では、漢字の画数を奇数、偶数に分けて、
奇数を陽(○)とし、偶数を(陰=●)で表現します。

主に健康問題などを占います。

陰陽や五行に捕らわれ過ぎますと、姓名判断の画数から離れてしまいがちです。
本末転倒とならないように注意しましょう。

姓名判断の赤ちゃんの名づけに見逃せない”音”(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 赤ちゃんの名づけのヒントとなる発想法とは?(次の記事)
カテゴリ:姓名判断の赤ちゃんの名づけは陰陽五行が強運・弱運を決める!

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/8

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)