姓名判断における画数計算(かくすうけいさん)

姓名判断における赤ちゃん名づけにおいて、画数は重要です。

ここで、姓名判断での赤ちゃん名づけにおいて、
重要な画数について考えてみましょう。

姓名判断画数を考えると、やはり漢字やひらがな、カタカナが大事になりますね。


漢字というのは、元々物の形を表す象形文字として成立しました。
その後、漢字は、何千年の年月を経て、人間社会の中で育ち、
洗練され、表意文字として完璧に近い表現力を獲得しました。

例えば、「木」という文字がありますね。
この「木」を元にして、「林」「森」、
そして、「本」という文字ができました。

また、「心」に、斜めの棒「ノ」をつけて「必」という文字ができたのです。


こんな風に、漢字や漢字が元となって日本で生まれた、
ひらがなやカタカナのもつエネルギーというのは、
文字の一点、一画に秘められているものなのです。

つまり、一つ一つの文字の力は、
その漢字・ひらがな・カタカナが持つ画数に強く現れているのです。

姓名判断における画数が、重要だということがわかりますね。

姓名判断においての画数は1画から81画に分けられ、
それぞれ吉数、凶数などに分類されています。

姓名判断での赤ちゃん名づけをする時、
漢字の筆順で画数を計算して占います。

姓名判断での赤ちゃん名づけをする際には、
是非、参考にしてみてくださいね。

姓名判断での赤ちゃんの名づけは、画数で決めよう(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断による赤ちゃんの名づけの方法も色々♪(次の記事)
カテゴリ:赤ちゃんの名づけでの姓名判断とは?

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/11

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)