赤ちゃんの名づけのヒント 季節や生まれ月から考える

赤ちゃん名づけでは、生まれた「時」にちなみ名づけをするということが考えられます。
一口で「月」と言っても、様々な捉え方があります。

ヒントとしては、以下のものがあります。


@ 季節にちなんだ名前
A 生まれ月・誕生日にちなんだ名前
B 干支にちなんだ名前
C 元号にちなんだ名前

干支の十二支では、現在使えないものもありますが、文字を変えたりして使って、現在でも多く使ってもますね。

元号も、その時代時代で「明治」「大正」「昭和」「平成」と、
その中の字を使い、名前を名づけるのは、最近でも多いです。


そして、@季節 A生まれ月 については、
例として、次にご紹介しますね。

姓名判断で運勢を左右する”天・人・地”の調和(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断での名づけのカギは数!!(次の記事)
カテゴリ:赤ちゃんの名づけで良い名づけができる発想

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/20

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)