姓名判断での名づけのカギは数!!

姓名判断赤ちゃん名づけにおいて、画数を計る数というのは未来を予測する重要なものです。


姓名判断というのは、長年の研究により培われた開運法であり、
膨大なデータからの根拠のある統計学なのです。

例えば、「10」や「20」という画数は、孤独や分離の運数を持つ大凶運の画数です。

この画数を姓名に持つ人は事故や病気の災難に逢いやすい暗示があります。


そして、事実この画数を持つ人は、運命に不安定な影響を与えられてきたとういう実例は、
いくつもあるのです。

勿論、親の方はこの画数を好んで名づけるわけはないのですが、
知らずにつけることはよくあることです。

こうして、わかるように姓名判断での赤ちゃん名づけは、
人生の吉凶を分ける最初の分岐点なのです。


赤ちゃんの将来を良いものにするため、姓名判断での赤ちゃん名づけで、
このチャンスを生かして前途洋洋な吉運にあふれた名前をプレゼントしてあげたいですよね。

赤ちゃんの名づけのヒント 季節や生まれ月から考える(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断の名づけでも重要な五格運の意味とは?(次の記事)
カテゴリ:姓名判断による赤ちゃんの名づけの開運のカギは画数から!?

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/25

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)