姓名判断では吉運だらけの名づけをしましょう

姓名判断での赤ちゃん名づけにおいて、「格運、配置、音」が大事だと言っても
何が重要なのかわかりませんよね。
一体、どこにウェイトを置いて名づければ良いのでしょうか。

それは、ズバリ「音」です。
良い音霊を頭文字に配置して、そこから名づけをしましょう。


次に、「格運」のバランスを見ます。
吉数の名前のみに固執してしまうと、姓名全体のバランスを失ってしまうので注意してください。

しかし、「格運」の五格運を全て吉数にするのは難しいですよね。

既に、気に入った漢字や名前などがある場合は、
組み合わせで凶数になってしまう場合なんかもあります。


そんな場合は、「格運のバランス」を配置して、凶運を切り開く数を入れていくのです。

良い名前を姓名判断名づけていくことは、
赤ちゃんにとって一生の財産になるものです。


確かに、大変な作業ですが赤ちゃんの将来を考えて面倒をいとわずに、
両親の愛情にあふれた名前を考えてあげましょう。


姓名判断で「音」に重点を置いた場合重要な点は

@ 呼びやすいこと

A 聞きやすいこと

互いに関連していますが、チェックしてみましょう。

姓名判断の名づけでも重要な五格運の意味とは?(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断による名づけで、漢字と画数から考える(次の記事)
カテゴリ:姓名判断による赤ちゃんの名づけでどうやって名づけるか?

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/27

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)