姓名判断にも重要な「天恵運」と「樹立運」

姓名判断において重要な

「天格」と「人格」とのバランスを「天恵運

「人格」と「地格」とのバランスを「樹立運」と言います。

天恵運」とは、呼んでその通り、天から恵まれた運勢のことです。
仮に「天恵運」が「相生(そうじょう)」の関係なら、先祖の恩恵や周囲の助力に恵まれ、運気も一層に高まりますが、
「相剋(そうこく)」の関係なら、周囲の助力が得られず、せっかく吉運があっても逃してしまいます。


樹立運」とは、持って生まれた運の基礎運のことです。

この2つの運を見る場合、まず「天格運」 「人格運」 「地格運」 の数の下一桁を五行の数に照らして、

次に「相生(そうじょう)」と「相剋(そうこく)」の関係を見ていくという姓名判断をすることとなります。

陰陽五行の 「相生」 「相剋」 とは?(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 赤ちゃんの名づけのヒント 季語用語集 春(次の記事)
カテゴリ:姓名判断の赤ちゃんの名づけは陰陽五行が強運・弱運を決める!

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/34

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)