姓名判断名づけにおける五運格  外格 副運格

姓名判断による赤ちゃん名づけにおいて、人格 人運格 を助ける働きをする 外格 副運格 を紹介します。


★外格 副運格:異性運。結婚運。子供運。

総格から人格を引いた画数です。(一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い1を足します。姓も名前も一字の場合は2を足します。)

職業運や家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢を表しています。

姓名の外と内を結合させた格で、外側からの一方的な影響を受けやすく受動的で、五格の中では補助的な位置づけであり, 流派によっては外格を省き四運格で判断をするところもあります。

外格 副運格 の数が吉数だと、人格 人運格に現れた長所を最大限に引き出すことができます。
あるいは、短所を補ってくれます。


凶数だと、周囲に影響され物事が上手く運ばなかったり、人に利用されやすくなったりします。

また、外格 副運格 は、「助ける」という意味から、人間が助け合う場として、社会を表し、社交運・外部の環境に対する適応能力・友人や目上の人からの援助や引き立てなどをここから見ていきます。


社会でや世間で、評価をされる場合の障害がどれくらいあるかも、ここに示されます。

姓名判断による赤ちゃん名づけをする上で、参考にしてみてくださいね。

姓名判断名づけにおける五運格 天格 天運格(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 凶数(次の記事)
カテゴリ:五運格

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/66

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)