姓名判断の名づけの音で重要な点A

姓名判断による赤ちゃん名づけの重要な「音」で重要な一つ「聞きやすい」ということで、
聞きやすい名前を考えると、呼びやすい名前とはまた別の要素を考えてみる必要があります。


音に破裂音などのかたいものと、やわらかいものがあるのはわかりますか?

具体的に言うと、


かたいもの (か行・さ行・た行・は行・ば行・きゃ行・しゃ行・ちゃ行)

やわらかいもの (あ行・な行・ま行・や行・ら行・わ行・ざ行・だ行・ば行・ぎゃ行・じゃ行・にゃ行・びゃ行・みゃ行・りゃ行・ん)


とあります。

一般的には、姓名でかたい音があるときつい印象、
やわらかい音があるとその逆の印象を与えます。


女の子の赤ちゃんの姓名には、やわらかい音を使った方がいいでしょうし、
男の子の赤ちゃんには、活発な印象を与えるかたい音を使った方がいいのかもしれませんね。


ば行以外の濁音は、やわらかい音に分類されてますが、
聞いたときの印象を考えると、濁音を多用した姓名は避けた方が無難です。


音から来るイメージというものは大切なものです。
我々人間は、五感により取り入れたイメージで物事を取り入れて考えています。
その中でも、音によるイメージというのは、影響が大きいものなのです。


「呼びやすい」だけでなく、「聞きやすい」姓名を名づけるということを重要だと言ったのは、
「響きから来るイメージ」というものが思いのほか大切なことだからなのです。


男の子の赤ちゃんには、意志の強さをイメージ、
女の子の赤ちゃんなら優しくやわらかいイメージを相手の方に持って欲しいですよね。

姓名判断の名づけの音で重要な点@(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断での名づけというのは、親の仕事の第一歩(次の記事)
カテゴリ:姓名判断による赤ちゃんの名づけでどうやって名づけるか?

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/72

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)