姓名判断は、なぜ81画なのでしょうか?

姓名判断は、81画までしかありませんね。

東洋運命学をもとに、姓名判断はなされていますが、数を基本に吉凶を占います。
姓名判断で特に重視するのは、1〜9までです。

「1」は、物事の始まり。「10」は、整った終わりの数で「0」に戻ると考えられています。
そこで、この基本の数である「9」を9倍にした「81」というのが、
姓名判断において最大の数となるのです。

もし姓名の数が、「82」以上なら80を引いた数が姓名判断の上での数となりますが、
81画を超える姓名って現代にあるんでしょうかね?

81画というのは、とても中途半端なような気もしますが、これが姓名判断の画数なんですね。
物事の始まりや、終わりの数字、基本の数である9を9倍にして81画となってますが、81画というのは、最大の数字です。

姓名判断をする上では、なぜ81画なのかとかは、気にすることもありませんが知識として覚えておくと便利かもしれませんね。
82画にあると、80を引いて画数を決めていきますし、姓名判断をする上で参考にしてみてください。

姓名判断による赤ちゃんの名付けで、赤ちゃん子供に素晴らしい運勢となる名前を命名して明るい未来を持てるようにしましょう。


姓名判断による赤ちゃんの名づけに便利!1画から〜81画まで

姓名判断の画数 81画(大吉) 生命力に溢れた大吉運(前の記事) | 姓名判断の赤ちゃんの名づけ〜姓名判断 無料情報研究所〜(TOPへ) | 姓名判断だけを参考にして名づけをするべきなのか?(次の記事)
カテゴリ:大人気@コラム

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:http://jupiter-saturn.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/180

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)